ロンドン五輪、選手村でのあれこれ。


 最近あまりサッカーの話題を書いてなかったので、サッカーライターらしいブログ記事を更新します。
 今週のトレーニングからロンドンから帰国した安藤駿介選手がチームに復帰していました。
 GK権田選手の控えという立場で臨んだ安藤選手。権田選手が6試合フル出場したため、残念ながら、出場機会はありませんでした。
 ただそれでもたくさんの刺激を受けたようで、感想を聞くと、「オリンピックという舞台よりもデ・ヘアに衝撃を受けた」と話してくれました。そのへんの話は明日のエルゴラにも(小さいスペースですが)書いたので、ここでは書ききれなかったピッチ外の話を。
 オリンピックといえば、やはり選手村ですよね。
思わず「有名な選手いた?ボルトに会った?」とかミーハー丸出しで聞いてしまったのですが、すでに大会終盤だったこともあり、選手はだいぶ少なくなっていた時期だったとのこと。
 日本人選手もあまりおらず、なでしこや女子バレーの選手ぐらいしか会わなかったとのこと。ただ世界各国の女子バレーや女子バスケの選手の体格にはさすがに驚いたみたいで、「なかなか自分より大きい女子は見ないですからね」と苦笑いしてました。185センチ、79キロの安藤選手より体格の大きい女子・・・なかなかいないっすよね。
 最初はみんなも「選手村だー」とテンションがあがったらしいのですが、実際に体験してみると、それほど快適ではなかったみたいです。
 まずそれまで泊まっていたホテルよりもベッドが窮屈だったり(たぶん普通サイズなのでしょう)、食事も特別美味しかったわけではなく(安藤選手は唯一美味しかったピザばかり食べていたそうです)、絶賛の言葉は控えめでした・・・みなさん、察してください(笑)。
 五輪という目標にしていた大きな舞台は終わりましたが、次の目標を聞くと、やはり「チームで試合に出ること」と言い切っていました。
「いつも以上にやらないと。チームで出てないので、まずはチームで出て活躍しないといけない。出番がないとモチベーションも下がりかけますが、それでも落とさないようにやる」
西部選手、杉山戦選手の壁は高いですが、安藤選手のさらなる進化を期待したいですね。
日本代表 激闘録 U-23日本代表&なでしこジャパン ロンドンオリンピック2012 サッカーア…/ジェネオン・ユニバーサル

¥3,990
Amazon.co.jp
ロンドンオリンピック総集編 2012年 8/30号 [雑誌] (週刊朝日増刊)/朝日新聞出版

¥980
Amazon.co.jp
サンデー毎日増刊 ロンドンオリンピック全記録 2012年 9/1号 [雑誌]/毎日新聞社

¥1,000
Amazon.co.jp
ロンドンオリンピック2012/中日新聞社

¥1,000
Amazon.co.jp
ロンドンオリンピック 日本代表選手 栄光の軌跡(ドライバー2012年10月増刊)/八重洲出版

¥980
Amazon.co.jp
ロンドン五輪サッカー女子代表応援MAGAZINE なでしこジャパン!!/オークラ出版

¥980
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>