観戦記:筑波大対早稲田大。


 先週、万博取材で大阪に行ったので、札幌取材はお休み。
どこかJ1の取材に出かけようかしらとも思いましたが、せっかくなので関東大学リーグの筑波大対早稲田大を観にいくことに。08年に就任した風間監督がどんなチームを作り上げたのか。見ておこうと思ったのです。
 試合会場は千葉東総・・・・どこ?・笑。
3時間前に出れば間に合うだろうと思ってスケジュールを組んでたら、4時間前に出発してギリギリだった。千葉県の旭駅が最寄り駅なんですけど、千葉駅からも電車で2時間ぐらいかかりますからね。
移動中は風間さんの著書を読んで勉強してました・笑。
・日本を救う「超戦術」
・「1対21」のサッカー原論
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 旭駅からはバス。1時間に1本しかないバス!なんとか無事にたどり着きました・・・・半端なく遠いっす。丘の上にある会場にキックオフ前に無事到着できました。
筑波大を指揮していた風間監督は、20日付けで大学を辞任しているとのことで、すでにベンチにはいませんでした。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 筑波大は、噂にたがわぬオモシロサッカーをしていた。
システムは〔3-4-3〕です。ここでは詳しくは書きませんが、なんというか、ボールの運び方と仕掛けるスイッチの入れ方が抜群にうまい。
 じわりじわりとDFラインを後ろに下げさせて、エリア内に張るいつかせておいて、手薄になったバイタルエリアから鮮やかなミドルをズドーン。さらにサイドから崩して、中央で受けた10番玉城選手が落ち着いた切り返しから決めて追加点。「ピッチの半分でサッカーをさせる」という狙いを体現しているかのごとく、前半はほぼ敵陣でプレーしてました。これが風間イズムなんでしょうな。
 後半は徹底的にサイドを突いてきた早稲田の猛攻を受け、後手を踏む形になりましたが、粘り強い守備で対応。攻撃では、長身センターフォワードの瀬沼優司選手に追加点を決めるチャンスがあったのですが、決定機を決め切れず。フリーのドンピシャヘディングがGKの正面に飛んでしまったり、抜け出した1対1のシュートがバーの下に当たり、それがゴールに入るかと思いきや、そのボールがポストに弾かれてしまうというツキのなさもあったりして・・・残念ながら、この日は彼の日ではなかったですね。
2ー0で勝利し、筑波大が開幕3連勝を飾りました。
 すげぇ遠かったですけど、風間監督が作り上げてきたサッカーを自分の前で確かめることができてよかったです。
 そしてフロンターレは札幌に逆転勝ち。
後半途中から入ったケンゴ選手が、完全に流れを変えましたね。藤真が入った翔陽のごとく流れを変え、豊玉のごとく攻め合いを制して勝ちました・笑。
・・・スラムダンクかっ!
また気持ちを切り替えて、頑張っていきたいですね。
風間さんの著書、たくさん出ていますね。みなさんもどうぞ。
「 1対21 」 のサッカー原論 「 個人力 」 を引き出す発想と技術/風間 八宏

¥1,470
Amazon.co.jp
日本サッカーを救う「超戦術」 (ベースボール・マガジン社新書)/風間八宏

¥840
Amazon.co.jp
風間八宏うまくなるサッカー (012 sports)/風間 八宏

¥1,050
Amazon.co.jp
サッカー ゴール前の攻防/風間 八宏

¥1,260
Amazon.co.jp
風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.1 [DVD]/風間八宏

¥2,940
Amazon.co.jp
風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.2 [DVD]/風間八宏

¥2,940
Amazon.co.jp
風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.3「受ける」 [DVD]/風間八宏

¥2,940
Amazon.co.jp
風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.4「シュート」 [DVD]/風間八宏

¥2,940
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>