将棋はサッカーだ。


最近のマイブーム ブログネタ:最近のマイブーム 参加中
 将棋ですね。
オフシーズンになると、在宅率があがるので・笑、家ではよく将棋を指してます。
最新の将棋戦法事情に疎くなってるので、週刊Shogiを見ながら棋譜を並べて研究しております。けっこうガチなんですわ・笑。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
一局の将棋には、序盤、中盤、終盤とあって、対局によっては、序盤の構想でうまく作戦勝ちしたり、中盤の組み合いが面白かったり、終盤のねじりあいで逆転勝ちが起こったりするわけですが、こういう考え方、組み立て方ってサッカーでいうゲームプランとか、試合終盤の逆転の展開ともなんか似てますよね。そう、僕は将棋からサッカーも学んでます・笑。
 日曜日の朝に教育テレビで放送されてる将棋のNHK杯もよく見てます。
シーズン中は土曜試合の原稿を書くことが多いので、なかなかじっくり見れないんですよ。
 先日の対局では、木村一基八段が登場しました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
木村八段と言ってもわからないと思いますが、この方は、感想戦(対局後にもう一回駒を並べて、お互いにいろいろ言い合うやつね)がめちゃくちゃ面白いんですよ。棋士の感想戦って、だいたい難しい顔をしながら、ボソボソと言う感じなんですけど、木村先生は、コメントの切れ味が半端ないっすよ。外見といい、毒舌ぶりといい「もらっておいてやる」の名言で知られる芥川賞作家の田中郁也さんみたい感じです。いいキャラクターしてるんですわ。
この感想戦でも、「王手には動揺しましたね。取られちゃうから!」、「猛牛がねー。モウ!と叫んでやってくるから(※将棋にそんな駒はありません)」、「負けた、負けた、負けたー」とか、棋士らしからぬぶっちゃけトークの連続。
変化の激しい殴り合いの展開になりそうだったら、「これでお互いに鼻血をぶっ出して・・・」とかバイオレンスな表現も、サラッと言いますからね。すげぇ面白いんですよ。
 プロ棋士のこういうキャラクターをたくさんの人にも知ってもらえると、もっと将棋界も盛り上がると思うんですけどね。
今年はサッカー取材に加えて、将棋関係の仕事に関わるのも目標にしてます・・・ビバッ、将棋!
木村一基の急戦・四間飛車破り (NHK将棋シリーズ)/木村 一基

¥1,050
Amazon.co.jp
第十八期竜王決定七番勝負 激闘譜―渡辺明vs.木村一基/著者不明

¥1,785
Amazon.co.jp
死闘 渡辺明 対 羽生善治~ドキュメント竜王戦~ [DVD]/渡辺明/羽生善治

¥3,990
Amazon.co.jp
情熱大陸×羽生善治・渡辺明・佐藤康光・谷川浩司 [DVD]/羽生善治,渡辺明,佐藤康光

¥4,935
Amazon.co.jp
プロフェッショナル 仕事の流儀 第V期 名人戦 森内俊之VS羽生善治 最強の二人、宿命の対決 …/森内俊之/羽生善治

¥3,675
Amazon.co.jp
プロフェッショナル 仕事の流儀 棋士 羽生善治の仕事 直感は経験で磨く [DVD]/出演者不明

¥3,675
Amazon.co.jp

こんな記事もどうすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>