相性って何かね。


 浦和戦は4-2で勝利。
試合の分析やらは、エルゴラをお読みくださいってことで。
 しかし、「勝負のあや」ってやつは面白いですね。
例えば、FKを巡る話。前半の立ち上がり、浦和にはゴール前の位置でFKが2度与えられてました。蹴るのは、名手・マルシオ・リシャルデスです。しかし彼はどちらも決めることができなかった。
 一方、フロンターレに与えられたFKのチャンスも2本でした。そしてそれをレナトがきっちり決めて、試合をひっくり返すことに成功。ともに2本のFKのチャンスが与えられていただけに、どっちに転んでもおかしくない展開だったとも言えるかもしれません。しかし2本のチャンスをモノにしたフロンターレは、逆転した勢いのまま、相手のビルドアップミスから、冷静に3点目を追加。前半だけで2点のリードを奪うことが出来ました。
 ちなみにこの3点目の場面、中盤のボールホルダーのマルシオにアプローチを強め、そのバックパスに対しても相手ゴール前まで詰めていった選手は、センターバックの實藤選手でした。素晴らしいプレーだったと思います。
 
  あとこの試合は、”相性”というものを考えさせられる試合でもありました。
 実は05年のJ1再昇格後、フロンターレはホーム・等々力で浦和には4敗3分とリーグ戦では一度も勝ったことがなかったんですよね。つまり、相性は最悪でした。
 
 しかし、これが今季から浦和を率いているペトロヴィッチ監督との相性にフォーカスすると、全く逆になるんですよね。彼が広島の監督だった時代、リーグ戦ではフロンターレは6勝3分と抜群の勝率を誇っていました。7-0で勝ったこともありました。今季の第4節の浦和戦も1-1のドローで負けなしに終わってます。
 んで、この試合はどうだったかというと、ペトロヴィッチ監督との相性の良さが出た結果だったように感じました。ボールポゼッションでは譲るも、前線のアタッカー陣がカウンターでスペースを切り裂いていく展開は、フロンターレが広島に勝ち続けていたときのそれと、よく似ています・・・相性ですよね、これは。
 ただフロンターレ側には変化がありましたからね。
風間監督は、選手の特徴を見てプレーの判断をしろと言っているわけで、別に風間監督がカウンターサッカーありきで前線にそういったタイプの並べていたわけではなく、スペースが出てきた状況で、レナトや山瀬選手が前にいるのだから・・・と、それを踏まえて縦に速い攻撃を選択した判断の結果だったということでしょうか。このへんのアプローチの違いや経緯を説明するのは、すごく面倒くさいので省きますけどね・笑。
 個人的には、風間監督の後半の采配が、非常に的確だったなぁ、と。そのへんは明日のエルゴラに書いておきました。
 この勝利で残り3試合で、16位のガンバ大阪、17位の新潟との勝ち点差が「9」になりました。数字上の残留こそ決まっていませんが、さすがに安全圏かと思います。それどころか、3位のレッズと勝ち点6差だったりしますからね。残り3戦全勝してどこまで順位をあげる事ができるか。楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>