多摩川クラシコ、勝利。


昨日は多摩川クラシコ。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 山瀬選手が「そこにしかない雰囲気がある」と言ってましたが、やはり独特の雰囲気がありますね。フロンターレサポーターの応援も迫力がありました。コレオもよかった。
 そして勝ちました。
押し込まれる時間帯も長くなりましたが、ジェシ&伊藤選手の落ち着きぶりが、なんとも頼もしかったですね。ただあんなに「早く時間が過ぎてくれー。終わってくれー」と記者席で祈ったのも、ひさしぶりですよ。
 タイムアップの瞬間、杉山選手は地面を両手で叩きつけて喜びを噛み締め、ジェシは咆哮してました。伊藤選手はやはりクールでした・笑・ 
 そしてジェシの復活弾・・・胸が熱くありました。
ドカンと叩き付けるヘディングではなく、GKのタイミングを外して、ふわりと放物線を描く技ありの一撃。すばらしかった。少しでも接したことのある人ならばわかると思いますが、彼は本当に人格者ですし、報われた場面を見ることができて本当にうれしかったですね。
 少し真面目な話になりますが、これまで、ジェシに対する風間監督の評価は決して高いものではありませんでした。長期離脱の影響でコンディションがなかなか戻り切っていなかったこと、そして風間監督になりチームのスタイルが大きく変わったことで、練習に少しとまどいを見せていたことなどが原因だったと思います。
 実際、初めて先発起用された天皇杯・徳山大学戦では動きに精彩を欠くなど評価しづらい出来でした。風間監督に聞いたところ、大学生相手に背後のスペースを突かれていたことや、相手のマークを簡単に外してしまっていた点などを指摘していました。
 チームの守り方の相性もあったと思います。対人守備には抜群の強さを発揮しますが、そのボールホルダーが自分の対応すべきゾーンから出ていった場合にも、マークを受け渡さずにマンツーマンでそのままついて責任をもって潰しにいこうとするため、DFラインに穴を空けてしまう問題点がありました。これはたぶんブラジル時代のクセなのでしょう。今のフロンターレはそういう守備のやり方ではないですし、簡単に引っ張りだされて穴を作ってしまっては問題が出てきてしまいます。それでも試合中に修正できればいいのですが、DFラインに問題が起きても、言葉の問題もありですぐには修正できない難しさも抱えていました。
 ただこれは2週間ほど前の話です。
このFC東京戦では十分なパフォーマンスを見せてくれてましたし、チームのやり方にもだいぶ慣れてきた印象です。何より多少押し込まれても、最後の水際で守り切れる選手がいるのはやはり心強い。そしてセットプレーでも点を取れる。
次節は不動のCB・井川選手が戻ってきますが、實藤選手とのセンターバックの組み合わせをどうするのかは、注目ですね。
・・・・何か真面目に書いてしまいました・笑。
なので、試合後のミックスゾーンで、失点につながるボールロストを指摘された憲剛選手のリアクションを紹介して終わりとします。
顔なじみの記者に「失点シーンは・・・?」と突っ込まれると、「・・・・やめてくれー!」と恥ずかしそうに叫んで周囲の笑いを誘い、「いや、本当に申し訳ない・・・・おれのあのプレー以外は素晴らしかったと思う(笑)」と謝罪しつつも、最後はちょっと自画自賛でした。試合後のロッカールームでも、みんなに謝ったそうです。こういう笑い話にできるのも勝てたからですな。
 1点目の起点、そして2点目のアシストもしていますが、あの時間帯でチームの大黒柱が失点につながるああいうプレーをするのはいただけません。エルゴラの採点も評価に迷いましたが、そこは厳しく減点させていただきました。
そんな明日のエルゴラは多摩川クラシコが表紙です。僕も原稿をたくさん書きました。お楽しみに。
ではでは。
多摩川クラシコとジャイキリとのコラボTシャツ、チャリティオークションはこちら。
http://www.frontale.info/contents/free/special/2012/auction09/
(入札は9月30日までです。)
GIANT KILLING(24) (モーニング KC)/ツジトモ

¥580
Amazon.co.jp
GIANT KILLING (ジャイアントキリング) コミック 1-24巻 セット (モーニン…/ツジトモ

¥13,740
Amazon.co.jp
僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)/天野 春果

¥1,470
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>