澤穂希選手がバロンドール受賞。


この1年でなにが変わった? ブログネタ:この1年でなにが変わった? 参加中

澤穂希選手がバロンドールを受賞しました。
いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
(今日のエルゴラより)。
メッシとの2ショット。
最優秀監督は、グラウディオラと佐々木則夫。各賞をバルセロナとなでしこジャパンが独占しました・・・すごい。
サッカー業界に携わっているものとして、この1年で一番変わったのは、女子サッカーを取り巻く環境ですね。もちろん女子サッカーといっても、まだ「なでしこジャパン関係だけ」ですけど。
 ここにきて、澤選手のバロンドール獲得とはすごい。いやー、言葉にならないぐらいすごい。
日本人のバロンドール受賞って、たぶんワールドカップで日本が優勝するより難しいんじゃないかな?
日本人で初めてバロンドールを受賞するのは、大空翼だと思っていたんですよ。バルセロナでプレーしている日本人ですからね。
 僕が思うに、キャプテン翼の最終回は、翼くんがワールドカップのトロフィーを掲げ、そして後日翼くんがバロンドールに選ばれる場面でエンディングだと思ってましたけど、いやはや、現実が追いついて、そして追い越している。現実が漫画の世界を超えてしまいました。本当に、澤さんのバロンドール受賞は、いろんなメッセージを与えてくれますわ。
 昔、インタビューさせてもらったとき、「忙しいのが好きで、常に何か予定を入れておきたいんです。時間があったら習い事とかもしちゃいます」と話していた澤さん。でもドイツ大会からの帰国後、五輪予選が終わっても、止まらない取材ラッシュで去年から「オフが欲しい」とつぶやいていると聞きます。澤さんがそこまで言うのだから、相当に忙しかったんだろうなと思います。
年明け後は2月になるまでの1月後半だけはちょっとだけまとまった休みがある予定だったとのことですが、このバロンドール受賞でまた忙しくなってしまうんでしょうな。
バロンドール・澤選手にインタビューしたことがある経験っていうのは、サッカーライターにとっての名誉でもあると思って自分も頑張りたいですね。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
澤さんの本の書評はこちらです。購入の参考にしてみてください。
[書評]澤穂希の「負けない自分になるための32のリーダーの習慣」と「夢をかなえる。」
夢をかなえる。 思いを実現させるための64のアプローチ/澤 穂希

¥1,260
Amazon.co.jp
負けない自分になるための32のリーダーの習慣/澤 穂希

¥1,260
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>