ジャイキリとグラゼニの最新巻が出た。

 先週、ジャイキリとグラゼニの最新巻が発売されていました。発売が同じなので、だいたい一緒に買っております。

 ジャイキリは名古屋戦。
リーグ戦の設定を生かしていますよね。負けた相手とのリベンジマッチ(川崎フロンティア戦)を描けるのもそうですが、勝った相手との再戦もうまくストーリーに組み込んでますね。
 ジャイキリは主人公が監督で、その采配でチームを勝たせるサッカー漫画とも言えるのですが、今回はタッツミーの采配ミスで万策尽きたかのようになりながらも、ピッチ上の選手たち(+クラブに関わる人たち)の力で逆境を跳ね返そうとする展開が燃えますな。
「見せつけてやろうよ」「強くなるために変わったんだってことを。」

 あと僕はやっぱりジャイキリのキャラでは夏木が好きだな・笑。
GIANT KILLING(32) (モーニング KC)/講談社

¥607
Amazon.co.jp
GIANT KILLING (ジャイアントキリング) コミックセット (モーニング KC) […/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp
 グラゼニはメジャーリーグ編に突入しました。
ストーリー展開としては、ここで舞台をメジャーに移すというのは、いいタイミングかもしれませんねぇ。今回は移籍に関するゴタゴタが中心ですが、このへんの駆け引きはサッカーの海外移籍にも通じるところがあるんだろうな、とか思いながら読みました。
・・・・にしても、コージ・ウエハラって、そこはそのまんまでいいんかい・笑。
グラゼニ(15) (モーニング KC)/講談社

¥617
Amazon.co.jp
グラゼニ コミック 1-14巻セット (モーニングKC)/講談社

¥8,531
Amazon.co.jp
覚悟の決め方 (PHP新書)/PHP研究所

¥821
Amazon.co.jp... 記事を読む

ジャイキリ最新刊31巻が出た。

 ジャイキリの最新刊31巻が出ました。
GIANT KILLING(31) (モーニングKC)/講談社

¥607
Amazon.co.jp
名古屋グランパレス戦です。変わろうとしているチームが本物なのかどうか。その試金石といった一戦ですね。
ストーリー的に、序盤に出て来た相手との再戦が増えて来ています。リーグ戦なので2回対戦するレギュレーションなのは当たり前ですが、最初の対戦を伏線としてうまくストーリーに組み込んでいく流れになってますね。30巻超えてますが、ジャイキリの世界ではまだ1シーズンも終わってないですから。
名古屋のベテラン・川瀬の描き方が良いですね。相手選手の背景にあるものを、こういう風に深堀りしていく手法は、どことなくスラムダンクテイストを感じさせます。
あとですね・・・ETUはゴールキーパーの湯沢がデビューしています。

ETUのGKは、ドリさんが西部洋平選手っぽいし、佐野は安藤駿介選手っぽいと思いながら見ていたんですけど、その視点だと湯沢は、どことなくフロンターレにいた相澤貴志選手(現在・清水エスパルス)っぽいんですよね・笑。
ETUのGK=フロンターレの歴代GK説って、どうすか?
・ ・・・どうすか?っていわれても、読んでる人も困るでしょうけど・笑。
GIANT KILLING (ジャイアントキリング) コミックセット (モーニング KC) […/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp
(友人のカメラマン・佐野美樹さんが撮影した写真集)
GIANT KILLING(31)×東北人魂/講談社

¥1,620
Amazon.co.jp
ジャイキリ読んで〇〇してきました (モーニングKCDX)/講談社

¥994
Amazon.co.jp... 記事を読む

ジャイキリ30巻。

 最近読んだ漫画。ジャイアントキリングの30巻。
GIANT KILLING(30) (モーニングKC)/講談社

¥590
Amazon.co.jp
 1月の宮崎キャンプ一次取材中に発売されてたんですけど、宮崎のコンビニには置いてなかったんですよ。結局、キャンプ取材の帰りに空港の本屋で買いました。
 書評というより感想だけ。
 
 今回は・・・かなり来ますね。
タッツミーが、言葉ではなくプレーで選手達に伝えたメッセージ、グッと来ます。
 この漫画は、監督が主人公のサッカー漫画です。
その主人公が「サッカーの主役は選手なんだ」と説く・・・その意味を考えさせられます。
 あと、狙ったものなのかどうかはわかりませんが、この巻が発売するタイミングが、Jリーグのシーズン開幕を控えている今の時期ってのも良いです。今回は特に現役選手に読んで欲しい巻ですから。Jリーグの各クラブは、この巻だけでも選手に読ませても良いんじゃない?ってぐらいです。言われなくても読んでいるJリーガーも多い漫画だと思いますが。
 ツジトモ先生は、スラムダンクの井上先生をとても尊敬していると聞いたことがあります。読んでいると、どことなくその影響を感じますな。
 スラムダンクは31巻まで。ジャイキリは現在30巻・・・もう少しで並びますね。
ただそろそろ本棚のジャイキリコーナーが置き場所に苦しくなってきたのも事実・笑。
GIANT KILLING(30) (モーニングKC)/講談社

¥590
Amazon.co.jp
GIANT KILLING コミック 1-29巻セット/講談社

¥16,882
Amazon.co.jp
ジャイキリ読んで〇〇してきました (モーニングKCDX)/講談社

¥966
Amazon.co.jp... 記事を読む

ジャイキリの最新刊29巻、読みました。

ジャイキリの最新刊29巻が出ました。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 冒頭は、U-22の五輪予選で奮闘する椿の様子から。
椿のことはともかく、記者席の藤澤さんってフリーランスでありながら、椿を追いかけてカタールまで現地取材に行くなんて、めちゃくちゃ凄いんですけど・笑。金銭的に、という意味で。あんまり原稿を抱えて取材してる感じじゃないし、やっぱり金持ちなんだろうか・・・気になる。
 メインは浦和戦。
チームにどことなく漂う閉塞感を描いていますが、このテーマ、僕はけっこう好きですね。
 やっぱりねぇ、サッカーのチームというのは生き物ですから、そんなに急カーブを描くような強さになったり、毎試合毎試合どんどん成長し続けていくわけではありません。どちらかというと、チーム力が上がったり、下がったりを繰り返しながら、そしてときには停滞期があったりしながら、少しずつ進んでいくものだと思ってます。
 そういう変化を踏まえた上で、でもシーズンが終わりの頃には、以前よりはちゃんと成長していて、ちょっとでもいいから右肩あがりになっているようにしたいよね・・・と言っていたのは、京都の大木武監督でした。僕はこの言葉、すごく好きですね。
 もちろん見ている側が、目に見える結果や成長がすぐに欲しくなるのもわかりますが、本当に大事なものというのは、そんなにインスタントに出来上がったりしないんじゃないかな、とも思ってます。ワインじゃないですけど熟成期間というのは必要で、この浦和戦は、そんな感じのメッセージを受けましたね。
 あとサポーター同士が団結するくだりはかなり良いです。ぐっときます。熱いっす。アウェイの浦和戦だからこそ、とも言えますし。
ちなみに鹿島戦で0-4になる展開は、先日、現実のJリーグでも起きたような気がしますが・・・偶然ですよね、はい・笑。
GIANT KILLING(29) (モーニングKC)/講談社

¥590
Amazon.co.jp
GIANT KILLING (ジャイアントキリング) コミックセット (モーニング KC) […/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp
ジャイアントキリング発サッカーエンターテインメントマガジン GIANT KILLING ext…/講談社

¥1,050
Amazon.co.jp
ジャイキリ・エキストラは「移籍」。今年、フロンターレに移籍してきて素晴らしい活躍をしている山本真希選手のインタビューが載っています。... 記事を読む