ジャイキリとグラゼニの最新巻が出た。

 先週、ジャイキリとグラゼニの最新巻が発売されていました。発売が同じなので、だいたい一緒に買っております。

 ジャイキリは名古屋戦。
リーグ戦の設定を生かしていますよね。負けた相手とのリベンジマッチ(川崎フロンティア戦)を描けるのもそうですが、勝った相手との再戦もうまくストーリーに組み込んでますね。
 ジャイキリは主人公が監督で、その采配でチームを勝たせるサッカー漫画とも言えるのですが、今回はタッツミーの采配ミスで万策尽きたかのようになりながらも、ピッチ上の選手たち(+クラブに関わる人たち)の力で逆境を跳ね返そうとする展開が燃えますな。
「見せつけてやろうよ」「強くなるために変わったんだってことを。」

 あと僕はやっぱりジャイキリのキャラでは夏木が好きだな・笑。
GIANT KILLING(32) (モーニング KC)/講談社

¥607
Amazon.co.jp
GIANT KILLING (ジャイアントキリング) コミックセット (モーニング KC) […/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp
 グラゼニはメジャーリーグ編に突入しました。
ストーリー展開としては、ここで舞台をメジャーに移すというのは、いいタイミングかもしれませんねぇ。今回は移籍に関するゴタゴタが中心ですが、このへんの駆け引きはサッカーの海外移籍にも通じるところがあるんだろうな、とか思いながら読みました。
・・・・にしても、コージ・ウエハラって、そこはそのまんまでいいんかい・笑。
グラゼニ(15) (モーニング KC)/講談社

¥617
Amazon.co.jp
グラゼニ コミック 1-14巻セット (モーニングKC)/講談社

¥8,531
Amazon.co.jp
覚悟の決め方 (PHP新書)/PHP研究所

¥821
Amazon.co.jp... 記事を読む

ジャイキリ最新刊31巻が出た。

 ジャイキリの最新刊31巻が出ました。
GIANT KILLING(31) (モーニングKC)/講談社

¥607
Amazon.co.jp
名古屋グランパレス戦です。変わろうとしているチームが本物なのかどうか。その試金石といった一戦ですね。
ストーリー的に、序盤に出て来た相手との再戦が増えて来ています。リーグ戦なので2回対戦するレギュレーションなのは当たり前ですが、最初の対戦を伏線としてうまくストーリーに組み込んでいく流れになってますね。30巻超えてますが、ジャイキリの世界ではまだ1シーズンも終わってないですから。
名古屋のベテラン・川瀬の描き方が良いですね。相手選手の背景にあるものを、こういう風に深堀りしていく手法は、どことなくスラムダンクテイストを感じさせます。
あとですね・・・ETUはゴールキーパーの湯沢がデビューしています。

ETUのGKは、ドリさんが西部洋平選手っぽいし、佐野は安藤駿介選手っぽいと思いながら見ていたんですけど、その視点だと湯沢は、どことなくフロンターレにいた相澤貴志選手(現在・清水エスパルス)っぽいんですよね・笑。
ETUのGK=フロンターレの歴代GK説って、どうすか?
・ ・・・どうすか?っていわれても、読んでる人も困るでしょうけど・笑。
GIANT KILLING (ジャイアントキリング) コミックセット (モーニング KC) […/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp
(友人のカメラマン・佐野美樹さんが撮影した写真集)
GIANT KILLING(31)×東北人魂/講談社

¥1,620
Amazon.co.jp
ジャイキリ読んで〇〇してきました (モーニングKCDX)/講談社

¥994
Amazon.co.jp... 記事を読む