脳と将棋。


 先日、こんな対談にお邪魔してきました。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 脳科学者の茂木健一郎と将棋の羽生善治名人です。
お二人は「プロフッショナル 仕事の流儀」でも共演してますし、対談本も発売されてます。勝手知ったる間柄とのことで、ステージに現れるなり、茂木さんは「打ち合わせしていないんですよ」と切り出しながら羽生さんとのトークを開始していきました。スタイルとしては、対局中の羽生さんの思考回路について、ホスト役の茂木さんが脳科学の見地からあれこれ迫っていくのですが、いやー、刺激的な内容でしたね。
 というのもね、後半の内容がすごかったんですよ。
最初の45分が過ぎたころに突然茂木さんが話題を変えたんですが、その振り方が、
「羽生さん!AKB48についてはどう思います?」
 でしたからね。
観衆にどよめきが起きたのは言うまでもありません。でも羽生さん、AKB48ネタをムチャぶりされても、「あーーーーー、そぉーですねぇーーー」と、いつもの口調で答えようとしていましたからね。ちなみにAKB48という存在は知ってるけど、顔とかはよく知らないそうです。「実はこの会場の中に5人いるんですよ」とか茂木さんはウソを教えていました(笑)。
 それで終わりなのかと思いきや、茂木さんは時事的なニュースをガンガンに聞いていきます。
茂木:「羽生さん、ウィキリークスについてどう思いますか?」
羽生:「匿名で情報を漏らす手段がある環境など、時代性も関係していると思いますが・・・秘密を知ったら、他の誰かに言いたくなるというものが人情ですよね」
茂木「羽生さんも言いたくなりますか?」
羽生 「それはそうですよ。抱えるのはストレスじゃないですか」
茂木「じゃあハブリークスとかあるんですか」
羽生「ないです(笑)」

 みたいな感じで。
その後も坂本龍馬について、普天間問題など、羽生さんへの無茶ぶりがとまらない茂木さん。興味深かったのは尖閣諸島問題についての羽生さんの見解でした。「自分は対局で北海道から沖縄までいろいろな場所を回るのですが、そこで感じたのは『人間は山を挟むと仲が良くなり、川を挟むと仲が悪くなる』ということ。川や海では水という利権が絡むからかもしれませんね」と言っていたこと。思わず「なるほど!」と思ってしまいました。
 まだまだ手を緩めない茂木さん。
「だって羽生さんには将棋のことしか聞いちゃいけないんだ、という空気があるでしょ?今日はそうじゃないことをしたい」と言い放ちます。「羽生さんが、『この子のこと好きだな』って思う瞬間って、どんなときだったんですか?」、「羽生さんってデートのときは、どんなこと話すんですか?最初の一手は?」とか羽生さんの恋愛観にまで踏み込んでいきました。茂木ッチのこの切り込み、すごいな。なお羽生さんは一目ぼれというよりも徐々に好きになっていくタイプで、恋愛将棋の最初の一手は「話す」、詰めは「・・・普通です(笑)」だそうです。
 そんな感じですっげぇ楽しい2時間でしたね。
せっかくなので、茂木さんが書いてくれたサインを紹介・・・ハトのイラスト付きでした。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>