グラゼニ13巻が出た〜野球とサッカーの代理人事情は違う?


最近読んだ漫画。
グラゼニ(13) (モーニングKC)/講談社

¥600
Amazon.co.jp
 グラゼニの最新刊13巻。
ジャイキリの30巻と一緒に買いました。
 今回は、凡田が代理人ビジネスに巻き込まれる(?)話の導入といったところでしょうか。よく考えたら、この漫画のタイトルは「グラウンドには銭が埋まっている」の略ですからね。年俸交渉うんぬんならば、当然、代理人サイドのスポーツビジネスの話も登場してくるわけです。メジャー挑戦(?)も睨ませるべく、凡田に接近する代理人の話でした。
 代理人の話を読んでいて思ったのですが、プロ野球に限れば、代理人をつけるというのはあまり一般的じゃない印象がありますよね。グラゼニでも、キャリア10年の凡田が自ら球団と年俸交渉していますから。サッカー界では、Jリーガーでも代理人をつけるのがわりと一般的なので、そのへんの感覚はちとわかりませんが、プロ野球の場合は、メジャーに行くときやFA宣言などで初めて代理人が必要になる、みたいな文化なんですかね。
 ちなみにJリーガーでも、代理人をつけていない選手はいます。特に高卒若手は代理人をつけていないケースがほとんどだと思います。プロ入り前からよほど注目されていたり、本人に海外志向が強かったりする選手は別ですが、C契約、B契約の若手はほとんど代理人をつけていないのではないかと。交渉の場には、両親が同席することが多いみたいです。
 一方、キャリアが10年以上あるベテランになると、さすがに代理人はいて当然ですが、昨年引退された伊藤宏樹さんのように、代理人をつけずに13年間プレーして現役生活を終える選手もいます。フロンターレ一筋でしたし、移籍しなかったので必要なかったという判断だったみたいです。
 あと、これは素朴な疑問なんですが、選手は最初はどうやって代理人を探すんですかね?
まさかタウンワークで探すわけにもいかないですし笑、やはり選手同士の口コミの評判やネッコワークで代理人や事務所を紹介してもらうんですかね?・・・ちょっと気になります。
 話がそれた・・・これはグラゼニの感想だった。
 あと今回も「ユキちゃんとの恋バナ」ネタ。
なんか付き合ってもないのにプロポーズするかどうかとか、話が進んでいるのか進んでいないのか、この二人の仲はどっちなんでしょうか。グダグダで面白いです、逆に・笑。
グラゼニ コミックセット (モーニング KC) [マーケットプレイスコミックセット]/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp
代理人、移籍関係のサッカー本。
サッカー代理人 (日文新書)/日本文芸社

¥780
Amazon.co.jp
世界基準の交渉術 ~一流サッカー代理人が明かす「0か100か」のビジネスルール~/ワニブックス

¥1,365
Amazon.co.jp
サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ/カンゼン

¥価格不明
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>