「グラゼニ」&「メジャーで勝つ」


先日も紹介した、オススメの漫画「グラゼニ」。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
その最新刊2巻をあらためて。
今回の見所は、年俸1800万円・凡田の10倍、1億8000万円の打者との対決になるのかな。
あとは漫画家から野球漫画の取材を受けたり、スポーツ記者との関係が描写されたり、プロ野球界の人間関係とかもわかる漫画なので、そういうエピソードが面白いですね。プロサッカー選手とは違うプロアスリートの世界なので、ボクも読んでいて興味深いです。
巻末には、ジャイキリ・エクストラに掲載されていた「凡田ジャイキリを読む」も収録されてました。確かにタッツミーって年俸いくらぐらいなんだろ?
・・・・・中継ぎ投手といえば、サッカーブック・ソムリエいしかわごう、最近はこんな本も読みました。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
「メジャーで勝つ」
 メジャーでセットアッパーとして活躍した長谷川滋利さんの本です。
ある意味で、グラゼニを地でいっていたような方かもしれません。日本から鳴り物入りでメジャーに行ったわけではないのに、一定の成績を収めていた彼が実践していたノウハウを紹介しています。
 内容も日米のシステムの違い、頭の使い方、コンディショニング、メンタルの強化など多岐にわたっています。セットアッパーという仕事柄、チームの顔と言えるほどの大活躍ではないけれど、チームに必要とされる選手として息の長い存在であることが重要ですからね。どうやって自分をアメリカにアジャストしていったのかを主眼に語っています。
 現役時代から、自己管理や自己啓発、英語の学習法などの本を出版していた方ですからね。もちろん野球の話が中心なのですが、自分をしっかりと知ること、そして自分の戦う舞台や所属する組織をよく観察して、それにあわせた対応を実践する作業の必要性を説いています。日本でもアメリカでもプレーしたからこそ語れる内容が詰まっていました。
「サッカーブック・ソムリエがベースボールの本を紹介する」の巻でした。
グラゼニ(2) (モーニングKC)/アダチ ケイジ

¥580
Amazon.co.jp
グラゼニ (1)/森高 夕次

¥570
Amazon.co.jp
メジャーで勝つ―日本人ピッチャーの心技体 (ベースボール・マガジン社新書)/長谷川 滋利

¥945
Amazon.co.jp
応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

こんな記事もどうすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>