スフィーダ世田谷、入れ替え戦取材。


 昨日は西が丘でスフィーダ世田谷を取材。
なでしこリーグとチャレンジリーグの入れ替え戦の第1戦でした。わりとサラっと書いてますが、Jリーグでいえば、J1とJ2の入れ替え戦に相当するビッグマッチですからね。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 試合の告知ポスターも気合いが入っております。
 最寄り駅に向かう途中、ダイドーの自販機で缶コーヒーを購入しました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 当たりが出ればもう1本。年に一回ぐらいのペースで当たるんですが・笑、この日は「1111」がそろって大当たり。ついてますねー。なんか良いことがありそうな予感です。
 西が丘、よい天気でした。
メインスタンドはぎっしり。有料試合にもかかわらず、1200人以上が入っておりました。
 西が丘にはザックも来ていましたよ。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
日本代表のザッケローニ監督じゃなくて、J:COMのマスコットゆるキャラのZAQ(ざっくぅ)のほうですが。しかし頭、でかいな。
 試合については東京偉蹴というサイトでマッチレポートを書かせてもらったのでそちらをどうぞ。“プレッシャーとの戦い”でしたね。
 マッチレポで触れられなかったところで、少し気になったところは、社納選手のボランチ起用でしょうか。これは驚きました。
 川邊監督は「彼女は運動量が豊富。中盤からの飛び出しを期待していた」と狙いを明かしていており、14分には、中盤からの飛び出しで前線を追い越すなど、攻撃にアクセントをつける動きがありましたからね。狙いはよくわかります。ただいかんせん、この日は中盤の主導権を相手に握られる展開が長過ぎました。「中盤でボールを回せなかったので、飛び出しも何も出来なかった。守備に奔走させられてしまった」と川邊監督も悔やんでおり、このへんは想定外だったみたいです。
 内容的には、納得の敗戦です。
でも、ほんの1点差ですからね。監督も、選手も第2戦に向けて、冷静かつ前向きでした。スフィーダはチャレンジャーですし、アウェイでの第2戦は思い切って向かって行って欲しいと思いますね。
もし昇格したら、ベレーザに次いで2番目となる東京の女子サッカーチームが、なでしこリーグに参戦することになるのか・・・それはそれで、楽しみでもあります。
 試合会場に取材に来ていた松原渓さん。
少しだけ雑談させてもらいました。彼女が出した女子サッカーの本には、スフィーダのこともちゃんと書いているんですよ。
日本女子サッカーが世界と互角に戦える本当の理由/東邦出版

¥1,365
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>