さよなら、2012年。


 2012年も終わりますね。
今年もこのブログを読んでいただき、どうもありがとうございました。
おかげさまで、エルゴラッソのフロンターレ担当記者としてシーズンを終えることが出来ました。相馬監督から風間監督の交代劇あり、多摩川クラシコの復活ありと、いろんなタイプの原稿を書きました。特に風間監督になってからは、相手のスタイルに合わせた対策練習を施さないため、プレビューの執筆が地味に毎回大変でした。
エルゴラでは年末特大号で中村憲剛選手のスペシャルインタビューを飾らせてもらったりと、いい締めくくりもさせてもらいました。来年はタイトル原稿を書けますように。
 エルゴラッソ以外のサッカーメディア媒体でもいろいろ仕事をさせてもらった年でもありました。サッカー批評にサッカー本の書評を掲載させてもらったり、一般雑誌のサイゾーで仕事させてもらったり・・・・自分にとっても小さな一歩ではありますが、来年も違う媒体でもサッカーの記事が書ければと思っております。
 うれしいサプライズもたくさんあった年でした。
漫画サンデーの「サッカーの憂鬱」で自分がモデルのキャラクターが登場。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 
 我ながら、これはちょっとすごいですね。
サッカー漫画の主人公になるサッカーライターなんて、なかなかいないよ・笑。たぶんサッカー漫画史上初だったかもしれませんね。
 漫画といえば、ナリキン!の作者・鈴木先生、監修のプロ棋士・野月先生とも親交を持てたのもうれしい出来事でした。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 年末にはナリキン!の忘年会にもお呼ばれしました。
将棋好きのサッカーライターとして、来年は何か仕事できたらと企てております。
・・・・そうそう。
塀内夏子先生から似顔絵のサインを描いていただいたこともありました!
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
(いしかわごうの歴代自画像で、一番イケメンに描いてくれている先生です。たぶん)
 フロンターレ関係もいくつか。
年末にスカパー!のオフ企画である「30分でわかるフロンターレ講座」に出演させていただきました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
(現在再放送中です。自分がオススメの曲にしたサカナクションのアルクアラウンドが、番組内でいい感じで使われていてうれしかったですね)
同じく年末には、フロンターレプロモーション部・天野部長の特別エッセイ集「クラブ名にフロがつくのはウチだけなんです」の製作をお手伝い。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 刺激的な話がたくさん聞かせてもらいました。いつもエネルギッシュな天野さんの秘密が少しだけわかってきましたね。来年もこちらの予想のナナメ上をいくプロモーション企画を期待したいと思います。「そうきたか!」と何回ニヤリとするか、今から楽しみです。
今年もこのブログを読んでいただき、どうもありがとうございました。
2013年、一体どんないしかわごうになるのか、まったくわかりませんが、野望はたくさんあります。自分に期待して頑張っていきたいと思います。
ではでは・・・来年に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>