書評:サイドアタッカー”キンタ流”突破の極意

どうも。
サッカーライター兼サッカーブック・ソムリエこと、いしかわごうです。
今回紹介するサッカー本は、こちらです。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
サイドアタッカー”キンタ流”突破の極意
出版芸術者さんが献本してくれました。Sさんありがとうございまーす!(そして書評書くの遅れてごめんなさい)
 日本リーグ時代、サイドアタッカーとして名を馳せた金田喜稔さんの本です。
サイドアタッカーとしての心得、サイドアタッカーの突破術、日本でサイドアタッカーが育たない理由、そしてメッシ、C.ロナウド、ロッベンなど現代の超一流ドリブラーの分析など、サイドアタッカーに関してとことんまで語り尽くしています。
 川崎フロンターレにはサイドアタッカーが多いですから、読んでいて勉強になる発見も多かったですね。技術的なポイントでいえば、ドリブラーならではのファーストタッチの置き所や、仕掛けのプロセス、相手の逆の取り方であったりは、目からウロコがボロボロと。今度からはそういう細かい部分にはまで注意してプレーを見てみてみようと思いましたもん。
 でもね・・・本書読んでいて一番感じたのは、「金田さん、アツイ!」ってことなんですよ(笑)。
 この本からは、金田氏のサイドアタッカーとしての強い責任感と強烈なプライドがビシビシと伝わってくる。「サイドアタッカーたるものこうあれ!」という思いが込められているということですね。
「究極は1対1で勝てばいい」、「個人の力の差を埋める努力をせず、システム論や戦術論に逃げても一生勝つことはできない」などなど、個を伸ばすことの重要性を本当に熱く説いています。当たり前ですが、1対1に突破できるアタッカーがチームにいれば、それは立派な戦術になり得ますからね。組織論でサッカーを語りがちな現代だからこそ、響くものがありました。
 日本サッカー永遠の課題として指摘されている「決定力不足」。その解消には常に「ストライカーの育成」が叫ばれておりますが、シュートが決まるストライカーと同じぐらい、局面を打開できるサイドアタッカーも育てないといけないことに気づかされます。
幸い、ザックジャパンでは[4-2-3-1]の『3』にはまるアタッカー陣が豊富ですからね。香川選手がその筆頭ですが、先日の韓国戦では、セレッソの清武選手という収穫もありました。今後サイドアタッカーはますます注目されていくのではないかとい思います。
サイドアタッカー―“キンタ流〟突破の極意/金田 喜稔

¥1,050
Amazon.co.jp
なお、サッカー本の書評依頼は、go_ishikawa55@yahoo.co.jp までお気軽にどうぞ。... 記事を読む

書評:「名将への挑戦状 ~世界のサッカー監督論」

どうも。
サッカーライター兼サッカーブック・ソムリエこと、いしかわごうです。
今回紹介するサッカー本は、こちらです。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
「名将への挑戦状 ~世界のサッカー監督論」。
雑誌『ワールドサッカーダイジェスト』のコラムを書いているヘスス・スアレス氏と小宮良之氏の共著。13人のフットボール監督の手腕を、スアレス氏がさまざまな角度から論評しています。
登場する監督は、この13人。
ジョゼップ・グアルディオラ
ファビオ・カペッロ
ウナイ・エメリ
ルイ・ファン・ハール
ホセ・アントニオ・カマーチョ
マルセロ・ビエルサ
ミカエル・ラウドルップ
ビセンテ・デルボスケ
ドゥンガ
ラファエル・ベニテス
ビクトール・フェルナンデス
アーセン・ベンゲル
ジョゼ・モウリーニョ
いやー、面白かった。
スアレス氏はスペクタクル論者で、その信念は清清しいほどブレがないです。だから、結果至上主義の指揮官を酷評するスタンスも一貫しています・笑。鋭く、かつ理路整然としているし、何よりその内容が刺激的。読み応え十分でしたわ。
スペクタクル論者としてのポリシーを、スアレス氏は本文の中でこう主張しています。
「 フットボールは『ゲーム』であり、そこには夢や希望や娯楽性がなくてはならない。勝利すること、そこに固執する者たちが多くなれば、たちまち味気ないスポーツになり下がることだろう。
 勝者と敗者。
そんなものは日常にありふれている。ボールゲームで人々を楽しませ、観客の予想を裏切る、そのために果敢に挑戦する指導者こそ、一流と呼べるのではないだろうか。 」

 だから、カペッロとかドゥンガとか現在のモウリーニョなどに対しては、本当に容赦ない。特にカペッロに対しては、「なんのシンパシーも感じない」、「史上最悪の悪役的勝利者。彼こそ、モダンフットボールに居場所を与えるべきでない男なのである」とか、痛烈にぶった切ってます。
 例えば、カペッロはレアル・マドリードを2度率いて2度とも優勝に導いている。それでも「『とにかく優勝したからカペッロを認めるべきじゃない?』とは陳腐な認識だ。マドリッドには優勝の流儀というものがあり、勝てばいいというチームではないのである。」と一蹴。その理由もこんな表現で語っている。

「スペインにおける中盤は、レストランの厨房のようなもの。レストランでもっとも大事な場所である。店構えや内装、ウェイターの給仕も大切だが、厨房で作られる料理でレストランの質が決定すると言っても過言ではない。ところが、カペッロはそこを簡略化してしまう。店の売り上げを高めるのに、広告活動と客を離さないサービスだけで利益を上げようとする。だが、私や多くのスペイン人は、そんな『カペッロ・レストラン』に足を運ぶ気はない。なぜなら、スペインのフットボールファンは、あくまで『シェフの料理』を楽しみにしているからだ。 」

 ちなみにカペッロ批判は、ベンゲルの章でも触れている徹底ぶりです・笑。

「いかに勝利し、いかに敗れるか。そこにフットボールの醍醐味は存在している。勝ち続けてきたといわれるファビオ・カペッロなどは、私にしてみれば『退屈を与える拷問者』でしかない。(中略)イングランド代表監督として戦った10年南アフリカワールドカップがどれほど無様だったか? 敗れ去ったカペッロは何も残らず、抜け殻同然だった。」

 あと読んでいて印象に残ったのは、ビエルサかな。
スアレス氏も「最も攻撃フットボールに対する強迫観念が強い」と評価している一方で、「生か死か。そこまでの潔さがビエルサの戦い方にはある。しかし彼のチームが頂点を極めるには、『神風が吹く』必要がある」とベップのバルサにように現実策も盛り込むべきではないかと、理想だけを追い続ける完璧主義者の姿勢にはやや疑問を投げかけている。
 しかしビエルサはそれでも変えない。
「私は決してカウンターアタックを採用しません。受け身の戦いを可能性を模索することなど愚策です。なぜ、私が凡愚に成り下がらねばならないのですか?自分にとってのフットボールとは、ボールの主役になることです。ボールを所有し、主導権を握る。そこに信念があるのです。にもかかわらず、相手にボールを渡した状態を想定した戦い方をトライするなど笑止千万。真に偉大なチームというのは、相手によって戦い方を変えるものではないのですよ」
 最後には「彼は厳しい戦いを承知で攻撃に打って出る。終始一貫したその姿勢は、勝敗などという枠組みを超えている」と言い、「 攻撃フットボールにカウンター戦術を取り入れれば無敵の指揮官になると思っている。しかしアルゼンチン人指揮官は信条を守り通すだろう。それが”LOCO(クレイジー)”ビエルサという男なのである。」と締めている。うーん、興味深い。
 バルサとレアルの2大指揮官については、バルサのスタイルを「至高の創造的フットボール」、モウリーニョのレアル・マドリードを「究極の破壊的フットボール」と評しています。最初のチャプターでベップ、最後のチャプターでモウリーニョという構成なのも、わざとでしょうね。その対比を楽しめるようになっている気もします。
名将への挑戦状 ~世界のサッカー監督論~/ヘスス・スアレス

¥1,500
Amazon.co.jp
「見ていて楽しいサッカー」が好きなファンはもちろん、「つまらなくても勝てばいい」と思っているファンも一読する価値のある本だと思います。名将への挑戦状、オススメです。... 記事を読む

書評:サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本

どうも。
サッカー本・ソムリエこと、いしかわごうです。
今回紹介するサッカー本は、こちらです。
「サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本」
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
・・・タイトル、ながっ!
いしかわごうの中学生時代、「愛のままにわがままに。僕は君だけを傷つけない」、「別れましょう私から。消えましょうあなたから」、「愛を語るよりもくちづけをかわそう」などと、やたら長いタイトルのJポップが流行っていたのですが、それを彷彿とさせるようなタイトルの長さですね。
 実はこれ、ライターの北健一郎くんと池袋で飲んだときに手渡しでもらった本なんですよ。読み終わって本棚に入れていたら、書評を更新するのをすっかり忘れてしまいました。でもいい本だったので、ちゃんと書評書きたいと思います。
 
 「戦術本」といえば、近年ではチームの志向する戦術やそのメカニズムを明らかにする内容であったり、試合での両チームのシステムのかみ合わせを解説するものが主流になってますが、この本はどちらかといえば、「個人の戦術」に比重を置いて解説しています。監督目線と言うよりも、選手目線での戦術を機能させるポイントを読み取る本ですね。
 例えば、「プレッシング」という戦術ひとつをとってみても、「グループとして連動しているかどうか」ではなく、個人がボールに寄せるタイミングはどうはかればいいのか、プレスにいくかどうかの判断はどうやって見極めるべきなのかなど、その選手個々の局面判断を磨く上で必要なコツがわかりやすく書かれています。セオリーがちりばめられている良書でもあるので、実戦書としても役立つと思います。よく「高い戦術眼を持っている」だの「頭のいい」と言われている選手というのは、戦況に応じたプレーの判断が早くて正確であったり、その選択の引き出しが多いわけですが、これを読めばその理由もうなづけるのではないかと。あと、過去の実例を出しながら、解説に厚みを加えていく西部さんの戦術ストーリーも、読み物としても面白いです。
 巷に出ている戦術本で勉強し、そのチームの戦い方の狙いを把握できるようになったと思った人は、次に読むなら、この本がオススメですね。戦術面でのぶつかりあいで生まれる局地戦、そこでの選手同士による駆け引きに注目できるようになると思いますよ。
サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本/西部 謙司

¥1,470
Amazon.co.jp... 記事を読む

最近買った漫画。

$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
・グラゼニ
タイトルは「グラウンドには銭が埋まっている」の略。主人公は年俸1800万円の中継ぎ投手。選手目線でカネについて語りまくるという、ちょっと新しい切り口のプロ野球漫画ですね。
野球業界の内情もどこまで本当かわからないけど、その周辺のこともあれこれ書いております。自分はサッカー畑で活動しているライーターですが、プロスポーツの世界として理解できる部分もあり、野球はこうなんだーという違いの発見もあったりで、ふむふむうなづきながら読んでしまった。
・ヘタッピ漫画研究所R
昔、鳥山明が「ヘタッピ漫画研究所」という本を出していて、小学生時代に読んだ記憶がある。これはその復活版らしいです。
冨樫義博が登場したときに語っていた漫画の作り方を立ち読みしたときすごく面白かったので、そのページだけを読みたくて購入。
映画や短編小説の分析から始まり、「大きいウソにいかに説得力を持たせるかに力を注いでいる」、「漫才形式のネーム作成法」など冨樫義博のリアルな創作秘話が紹介されていた。ここだけでも買って読む価値がありましたな。
 漫画ネタといえば、フロンターレのHPの選手アンケート見ていると、「スラムダンク」を好きな漫画として挙げる選手って多いですよね。
 最近、横山選手にスラムダンクの好きな場面を聞く機会があったんですけど、彼は「桜木花道が安西先生に、『オヤジの全盛期はいつなんだよ?』って聞くところですね」といってました。「全日本のときか? おれは、いまなんだよ。」っていう、山王戦のベンチでのやりとりですよね。確かにあそこは名シーンだ!
・・・と盛り上がっていたら、「ほんと、いまなんですよね。今、頑張れなかったら、この先も頑張れないですから」とケガで治療中の自分に言い聞かせるように語ってくれました。
間もなく復帰できると思いますが、悔しい思いをしている分、8月からは巻き返して欲しいですね。
おれも、今だよ!いま頑張るわ!!8月頑張ろう。
グラゼニ (1)/森高 夕次

¥570
Amazon.co.jp
ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)/村田 雄介

¥400
Amazon.co.jp... 記事を読む