ジャイキリの21巻が出ました。

 ジャイキリの最新刊でました。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 モンテビア山形戦の続きです。
表紙もよくみたら、20巻の表紙と対になっている構図なんですね。
GIANT KILLING(20) (モーニングKC)/ツジトモ

¥580
Amazon.co.jp
サックラーとの采配対決ということで、心理的な部分も含めた両監督の駆け引きが中心の試合描写になっています。「髪型だけアフリカ系」と王子に言われて、思ったより凹んでいる夏木の姿は、わりとツボでした。
 おまけステッカーはガブリエル。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
パッと見、「どこのおばちゃん?」と思ったのは内緒です。
 ジャイキリも気づいたら21巻ですか。
人気漫画として、すっかり長期連載漫画になったのはうれしいことですが、20巻を越えると、「面白いから読んでみて」とあんまり気軽に人に薦めにくいので、実はちょっと困ります・笑。
・・・まぁ、僕は1巻発売したとき以来、ずっとブログで薦めているけどなっ!!
 ジャイキリムック本も出ますね。今回は、キャプテン特集。
ジャイアントキリング発サッカーエンターテインメントマガジン GIANT KILLING ext…/著者不明

¥1,050
Amazon.co.jp
中村俊輔選手、小野伸二選手中心に豪華なラインナップです。椿、世良、佐野のトレカつきだそうです。取材を担当している知人の美人カメラマン・さのみきさんが「買っておくれー」と叫んでいるので、みなさんもどうぞよろしく。
GIANT KILLING(21) (モーニングKC)/ツジトモ

¥580
Amazon.co.jp
ジャイアントキリング発サッカーエンターテインメントマガジン GIANT KILLING ext…/著者不明

¥1,050
Amazon.co.jp
応援クリックよろしくです。
人気ブログランキングへ... 記事を読む

ジャイキリ20巻。

ジャイキリの20巻出てます。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
今回も山形戦ですね。表紙はサックラーこと佐倉監督。彼の過去が明らかになっております。
現在、Jリーグを指揮する日本人監督といえば、日本リーグ時代の経験者や、Jリーグ出身者、あるいは日本代表経験者など日本サッカーのトップリーグを経験している方々が主流を占めています。それ自体はごく当然ともいえることなのですけど、サックラーのように選手としてのキャリアや知名度がまるでないようなタイプが、現実の日本サッカー界に出てきても面白くなると思いますけどね。
最初は2007年ごろでしったっけ?
第1巻発売時からブログで紹介していたジャイキリも20巻ですか。
はやいのー。
GIANT KILLING(20) (モーニングKC)/ツジトモ

¥580
Amazon.co.jp... 記事を読む

ジャイキリ最新刊が出た。

$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 最近、気づいたんですけど、ジャイキリは単行本派にオススメの漫画ですよね。モーニングで毎週読むのももちろんいいですけど、どっちかというと、単行本でまとめ読みしたするほうに適しているタイプ。昔の少年ジャンプで言えば、ドラゴンボール系というよりはスラムダンク系。試合が長いからなんですけど(笑)。
 最新刊では山形戦が始まります。
ちょうど去年、フロンターレがリーグ戦で山形戦(10月ぐらい)と試合する週のモーニング本誌の連載が、ちょうど「いざ山形戦!」というところで終わったんですよ。「うわー、現実とリンクし過ぎてるだろ」なんて思ってリーグ戦を迎えたのを覚えていますわ。
(探したら、当時のエントリーがありましたわ)。
http://ameblo.jp/go-football/entry-10679769814.html
 それから連載のETU対山形はなかなか決着つかず、結局、年が明けてフロンターレが開幕戦でまた山形と対戦する時期になっても、いまだにETU対山形のほうは決着がついてなかったっていうね・・・モーニングでは、もう半年ぐらい山形戦が続いていることになりますな。現在はさすがに佳境に入ってますけど、果たしてサックラーとの監督対決、どうなることやら。
 GIANT KILLING(19) (モーニングKC)/ツジトモ

¥580
Amazon.co.jp
そういえば、昔、モーニングで連載していた漫画「シマシマ」が深夜ドラマ化されてました。
シオさん役は矢田亜希子。シオさんがバツイチな設定も含めて、・・・いいキャスティングですね(笑)
シマシマ(12) (モーニングKC)/山崎 紗也夏

¥580
Amazon.co.jp... 記事を読む

ジャイキリ最新刊が出た。

 最近買ったもの。
 ジャイキリ最新刊。
$いしかわごうの「サッカーのしわざなのだ。」
 今回の表紙は、ちびっこサポーターチームでした(山さんもいるけど)。ツジトモさんの描く子供って、なんかめんこいですよね。そしてこの漫画に出てくるちびっこサポーターを見ていて感じるのですけど、物心ついた時から、マイクラブがある環境ってうらやましいですよ。自分がJリーグ開幕した時はすでに中学生だったし、北海道の田舎町だから、身近に感じるサッカークラブもなかったですから。
 
 まぁ、あと30年もして僕らがおじいちゃんになるころに、Jリーグの100年構想よろしく、孫と親子3代でサッカーを観戦する・・・・なんていう文化が根付いていれば理想ですよね。そしてそういうシーンが日本のサッカー漫画でも違和感なく描かれていて、読者も自然に読めるようになって「日本にもサッカー文化がある」って言えるのかもしれませんな。
 って、なんでこんなに熱く語ってるのかわからないので話をジャイキリに戻すと、今回は一コマ漫画もヒットが多かったですね。雨の試合で元気になってるパッカとか、夏木の「おしゃれヘアーがっ」とか。いやー、やっぱナッツの天然、好きだわ。昨日の教育テレビでのアニメ放送も、ちょうどナッツの復活劇だったんですけど、よかったわー。あれ、かなり好きな回です。
 それにしても、最近、ETUの公式ユニフォーム予約がアッという間に売り切れになったり、ツジトモさんのサイン会予約が秒殺で終了したり、ジャイキリ人気がさらに上昇してるみたいですね。これでサッカー業界が活性化してもらえれば・・・俺にもジャイキリの仕事、きますよーに(笑)。
それでは。
GIANT KILLING(18) (モーニングKC)/ツジトモ

¥570
Amazon.co.jp... 記事を読む