多摩川クラシコ “ガチ”トークバトルを見た。

 ニコニコ生放送で中継された川崎フロンターレ×FC東京 多摩川クラシコ “ガチ”トークバトル!! 第2部から見てました。
 第2部は、フロンターレ側の中西哲生・佐原秀樹 、FC東京側の藤山竜仁・加賀見健介が選ぶ歴代ベストイレブンを紹介しながら、サポーターからの投票結果も見ながら、あーだこーだ盛り上がる感じでした。
 フロンターレ側のベストイレブンでは、センターラインにケンゴ選手、伊藤選手、川島選手あたりはやはり鉄板。FWは我那覇選手、ジュニーニョ、テセ選手を組み合わせる感じですね。中西さんが、歴代のそうそうたる顔ぶれのなかに田坂選手を右MFに選出していたのが驚きだったかな。「フロンターレの今後を担ってほしい選手なので」とすごく期待しているようです。
あとは、さりげなくドイツから応募してきたテセ選手の歴代ベストイレブンも発表されていたり・・・・ちゃっかりしてるなー。FWにフッキが入ってました・笑。
 「対戦したときに嫌だった選手」という質問では、失点に関する苦い思い出が多かったですね。特に多摩川クラシコはゴールがたくさん入るカードでもありますし、よくよく考えたら、今回の主演者ってDF出身者の割合が多いんですよね。
中西さんは、全盛期のアマラオを挙げて「試合前、一番警戒していたのに4点ぶち込まれたんですよ」と力説し、藤山さんも0-7で負けた試合をあげて「テセくんがシュートを打てば入るみたいな感じになってて・・・もう前半でサッカーをやめたくなった」みたいな、DFとしてトラウマになってそうな体験を明かしてました。ちなみに加賀見さんは「中西さんが嫌でした。試合中に話しかけてくるから・笑」。
サポーターの投票によるベストイレブンや、「相手チームのこの選手が欲しい」、「ここがうらやましい!」などでは、FC東京側から「フードパークがうらやましい!」との声も・・・・やはりそこなんですね・笑。ちゃんこ鍋とか美味っすよ。
新体制発表会見のときは、現場にいたのでニコ動の雰囲気がよくわからなかったのですが、今回は普通にイチ視聴者としてリアルタイムで楽しませてもらいました。第2弾も成功だったのではないでしょうか。
フロンターレのプロモーションの秘密はこの本に書かれています。かなりオススメです。
僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)/天野 春果

¥1,470
Amazon.co.jp

サッカー ブログランキングへ... 記事を読む

今年の多摩川クラシコ、実は・・・・


スポンサードリンク




... 記事を読む

真面目な小松塁選手。

 今日は小松塁選手。
小松選手も・・・真面目ですね・笑。そして背が高い(191センチ!)
 大学指定選手として05年からセレッソ大阪でプレーしてるんですね。
正式入団は06年なのですが、この年の10月にV・ファーレン長崎に期限付き移籍という経歴が・・・・全国地域リーグ決勝大会突破のための助っ人だったのかな。今は認められていませんが、当時は出場機会のないJリーグの選手が、この地域リーグ決勝大会期間だけ電撃的にレンタル加入することがわりとあったんですよ。その2ヶ月以外はセレッソ一筋・・・フロンターレの黒津勝選手みたいな存在ですよね。それだけに、今回の移籍は大きな決断だったとのこと。
フロンターレで顔なじみだった選手を聞くと、矢島選手を挙げてくれました。大学選抜のときに一緒だったそうです。ほぉー。この2トップは迫力あるなー。一度、見てみたいですねー・・・って、今年から同じチームじゃねーか・笑。
 フロンターレでは、「いい動き出しをすれば、中盤からパスがたくさん出てくるのが楽しみ」と言ってました。この体格に目が行きがちですが、スペースにも走れるタイプでもありますからね。所属していたセレッソも攻撃的なチームだと思いますが、言われてみれば、香川選手、乾選手、清武選手・・・とアタッカータイプが多いチームの印象はあります。個人的にも、小松選手はまわりに生かされるタイプのFWでもあると思っているので、ケンゴ選手、コーセイ選手、稲本選手、大島選手・・・・彼らと生み出す新しい攻撃の形を楽しみにしています。
ちなみに・・・算数ドリルの撮影後に感想を聞いてみると、「噂にはいろいろ聞いていたので、こういう感じなのかと・・・」と苦笑いしてました。ちゃんと覚悟して移籍してきているようなので、大丈夫でしょう・笑。
 関西暮らしが長かったので、初めての関東暮らしになります。
実はまだ家探しが終わっていないらしく、いまは選手寮に住んでるとのこと・・・意外!ただ若手とコミュニケーションが取れるから、ある意味、一石二鳥ですな。早くいい部屋が見つかるといいですね。
ランキングアップに燃えてます。応援クリックよろしく。

サッカー ブログランキングへ... 記事を読む

真面目な森下俊選手。

 今日は森下俊選手です。
 森下選手は・・・・なんだろう、真面目ですね。
シーズン前のこの時期というのは、実戦的な練習をまだしていないこともあって、取材する側も聞ける話題がどうしても限られてしまいます。サッカーの話にしても、ピッチ上で起きた具体的なサッカー論ではなく、少し抽象的なサッカー論になりますからね。あとはピッチ外のこと(味方の印象や意気込み、趣味とか)が多くなります・・・選手のキャラクターを早く掴みたいですし、それはそれで意外な一面が垣間見れて面白かったりします。
 ただ森下選手の場合は、京都サンガから移籍してきたということもあって、サッカー話をガッツリ聞いてしまいました。「実は大木さんには甲府の監督時代に大変お世話になって・・・」と明かすと、彼も京都での練習内容や感じた変化を直球で語ってくれましたね。おかげで刺激的な話をたくさん聞けることができました。
 一番戸惑ったのは、「そこもボールに(アプローチへ)いくの?」という判断だったそうです。
例えば、ディフェンスには「迷ったら待て」という言葉がありますよね。カウンターを受けてピンチになった状況で、残されたのが自分だけの場合、すぐに飛び込まずに味方が戻ってくるまで待ってディレイさせるというのは、守備側のひとつのセオリーです。
でも大木監督の判断は違う。「そこはボールにいけ!」と言われる。「迷ったら前に」が原則なんです。人数を揃えること、スペースを埋めることよりも、ボールを最優先する。「えっ、そこもボールに(アプローチへ)いくの?」と、頭と身体が慣れるまでかなりとまどったそうです。
 浸透するまで時間はかかりますが、シーズン中盤以降はチームも手ごたえを感じてきて、終盤は怒涛の連勝劇。天皇杯ではJ2ながら鹿島やマリノスを撃破して決勝進出ですからね。大木さんのもとでやっているサッカーは面白かったといってました。
京都に愛着もあったとのことですが、J1でプレーしたいとの思いでフロンターレに移籍。フロンターレは攻撃的なチームですし、ここでもそういうプレーが求められていることも自覚していました。
・・・ってな感じでガッツリと真面目なサッカー談義をしてしまったので、「5月11日生まれって、泉谷しげるとか浜田雅功と同じですよねー」とか、くだけた話ができませんでした・笑。
背番号33なのは、京都時代の3に思い入れがあるのかな、とかも聞きたいこともいろいろあるのですが、それはまたキャンプから戻ってきてからの機会にでも。
応援クリックお願いします。

サッカー ブログランキングへ... 記事を読む