将棋×サッカー漫画「ナリキン!」の第4巻が出た。

将棋×サッカーの漫画「ナリキン!」の4巻が出ました。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
ヴァンフォレスト甲府戦の決着、そして表紙にもなっていることからわかるように横浜F マリノスとのコラボ企画として、天皇杯準々決勝で横浜F・ナノリスとの対戦が描かれております。
 マリノスとのコラボ企画は、イベントにもなりました(僕のレポートです)。
中村俊輔は銀と桂馬を足したような選手!? サッカーと将棋の意外な共通点

 ネタバレになるのであまり詳しくは触れませんが、作品内では新シーズンが始まってます。
 ナリキン!の場合、連載が始まったのが去年のため、作品中の登場クラブや登場人物も2012年シーズンがモデルになっているのですが、連載漫画の難しいところで、どうしても現実と物語の進み具合にタイムラグが出て来てしまいます(例えば、スラムダンクの連載期間は6年でしたが、作品中では3ヶ月しか経ってないとか)。
 ここをどう扱うかというのは、いろいろな方針や考え方があると思いますが、ナリキン!の場合は、スパッと切り替えましたね。連載が一年経って、新シーズンが始まっています。選手名など旬なネタを取り込んでいる漫画ですし、個人的にもそっちのほうがいいと思います。
将棋×サッカーといえば、8月7日の日刊スポーツの裏一面で将棋プロ棋士の深浦康市九段が「こだわりジャパン」に登場していました。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 日本代表選手を将棋の駒に例えて解説してくれてます。
敵の王将の頭にパチンと金を打つ「頭金」をゴール前に豊田陽平選手にボールを集めてトドメを刺すイメージと語っていたり、野月さんの視点もまた少し違っていて、勉強になります。深浦さんは野月さんの口からもよく話題にあがるサッカーマニアですからね。将棋連盟サッカー部を立て上げて初代部長に就任してますから、かなりのものです・笑。
—-
 明日は多摩川クラシコですね。
そういえば、ナリキン!の第1巻が発売されたのって、去年の9月の多摩川クラシコ直前だったな。何か縁がありますね。
ナリキン! 4 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
ナリキン! 03 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
ナリキン! 02 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
ナリキン! 01 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp... 記事を読む

サッカー×将棋漫画「ナリキン!」の3巻が出た。

サッカー×将棋の漫画「ナリキン!」の第3巻が4月8日に発売されました。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 これまでとはちょっと変えて、表紙がポップな感じになりましたね。
今回はN2リーグで首位を走る「ヴェンフォレスト甲府」戦です。甲府の標榜する”トータルフットボール”に対して、福岡ホーネットは将棋の”相掛かり戦法”で対抗していきます。
将棋に詳しくないと「なんじゃらほい?」かもしれませんが、そこはご安心を。サッカーのフィールドと将棋の盤上を置き換えながら、局面での様々な駆け引きをわかりやすく描いてます。
 あらためて感じるのですが、将棋とサッカーというこの共通点を伝える上で「漫画」という手法は、非常に優れていますよね。もちろん、これを表現するために作者の鈴木先生と監修の野月先生も大変な苦労をしていると思いますが。ピッチと盤面をリンクさせながら状況を伝える術という意味でも、これを文章でやろうとすると、かなり大変ですからね。
 あと今回は、GKナリキンが相手FWとの1対1で見せた精神面の話も見所だと思います。
 トップアスリートの”すごみ”というのは、対峙して初めてわかる感覚だと言われています。机上の論理を越えた「何か」がそこにはあるのでしょう。それに触れたナリキンは、これまでにない恐怖を試合中に抱いてしまいます。
 そこにナリキンはどう立ち向かっていくのか・・・続きは買って読んでください・笑。
 ちなみに甲府の選手は、FWダビデ、MF伊能輝吉、GK萩晃太郎など、まんまの選手がほとんどです。ただし監督だけはJ福監督とは似ても似つかない風貌の信田玄武(しのだげんぶ)監督です。「しのだ」監督で思い出しましたが、そういえばアビスパ福岡を指揮していた篠田監督って山梨出身でしたよね。
そしてもうひとつ大きなトピックが・・・・
なんと、なんと・・・・巻末の四駒(4コマ)漫画に私・いしかわごうが登場しております!!
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
・・・ついに「ナリキン!デビュー」をしてしまいました。
鈴木先生、ありがとうございまーす!!フロンターレのあの選手の話題もちょっとだけ出てます。気になる人は、漫画を買って読んでください・笑。
ナリキン!のサッカーアドバイザー的な肩書きをつける日もそう遠くないかもしれません。いや、知らないですけど。
(本編じゃないけど)いしかわごうも登場しているナリキン!の3巻、どうぞよろしくお願いします。
ナリキン! 3 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
ナリキン! 02 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
ナリキン! 01 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
(野月先生による相掛かり戦法の本です)
最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)/毎日コミュニケーションズ

¥1,575
Amazon.co.jp
(3巻を読んだ人なら、なぜこの本を紹介するかわかるはず)
永遠のサッカー小僧 中村憲剛物語/講談社

¥1,575
Amazon.co.jp
幸せな挑戦 今日の一歩、明日の「世界」 (角川oneテーマ21)/角川書店(角川グループパブリッシング)

¥820
Amazon.co.jp
心をつなぐボール (スポーツが教えてくれたこと)/あかね書房

¥1,470
Amazon.co.jp... 記事を読む

ナリキン!の忘年会に行ってきました。

 サッカー×将棋漫画「ナリキン!」の忘年会にお呼ばれしてきました。
僕はチーム「ナリキン!」の一員だったみたいです・笑。ありがとうございます。
 作者の鈴木大四郎先生、監修を務めているプロ棋士の野月浩貴先生、女流棋士の藤田綾さん、将棋初段でサッカー元日本代表の波戸康広さんなどなど総勢10人でワイワイガヤガヤ。たぶん会話の中で、日本で一番サッカーと将棋の化学変化が起きている空間だったと思います・笑。
 トークが冴える波戸さんには、「今日は『飛車を振るねー』、波戸さん!」という例えツッコミが出たりして、めっちゃ楽しい時間を過ごさせてもらいました。野月さんと藤田さんには将棋界のいろんな話を聞かせてもらって新鮮でした。
 ちなみに二次会では、スポーツバーでフリューゲルスが出た伝説の天皇杯決勝戦を、このとき出場していた波戸さんが試合を見ながらあれこれと解説してくれました。これ、フリューゲスファンだった人なら、お金を払ってでも聞きたいトークでしょうね。すげぇ面白かったです。
お土産に、鈴木先生の宛名&カラーサイン入りでナリキン!の2巻をいただきました。うれしい!ありがとうございます。
いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
2巻から将棋とサッカーが試合でもリンクし始めているので、まだの方はぜひ読んでみてください。
 2013年はサッカーと将棋がくるよ・笑。
ナリキン! 01 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
ナリキン! 02 (少年チャンピオン・コミックス)/秋田書店

¥440
Amazon.co.jp
・・・あっ、フロンターレ絡みの宣伝も。
今日の23時からスカパー!のオフ企画「30分でわかるフロンターレ講座」に僕も出ています。番記者座談会です。詳しくはこちら
そしてもうひとつ。
「いっしょにおフロんた~れ」の3年分の企画秘蔵と舞台裏を綴った、フロンターレプロモーション部部長・天野春果 作・いしかわ ごう編集のエッセイ「クラブ名に“フロ”がつくのはウチだけなんです!」が、明日22日より高津湯さんの隣にある「縁ぐま亭」に設定されます。
$いしかわごうオフィシャルブログ「サッカーのしわざなのだ。」
 フロンターレプロモーション部部長・天野春果の著「ボクがバナナを売って算数ドリルをつくるワケ」に続く第2弾作品として店内のみでお楽しみいただけます。非売品ですよ。詳しくはこちら
僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)/小学館

¥1,470
Amazon.co.jp... 記事を読む